あなたの「一番の贅沢」は何ですか?意外と知らない自分のコトとお金の使い方

extravagant_spending_money

何にお金を使うと幸せと思いますか?買ってみて、「無駄遣いだった」と後悔するのではなく、「贅沢で幸せだった」と満足したいですよね。今回は、自分の贅沢について考えてみます。

意外と知らない「自分の贅沢」

「もうちょっと貯金があればなぁ」「給料が増えたらなぁ」

誰もが一度は思ったことがあるはずです。では、お金が手に入ったとして、そのお金で自分が一番贅沢だと思うお金の使い方は何ですか?

自分もそうなのですが、「お金が欲しい!」で止まってしまい、そのあとのことをイメージしていない場合が案外多いものです。

自分の「一番の贅沢」とは何か、一緒に考えてみましょう

「嫌いなこと」から「好きなこと」を見つける

そもそも自分の好きなことがわからない方が多いと思います。自分もその一人でした。そこで、「嫌いなこと」から「好きなこと」を探してみたいと思います。

嫌いなことをあげてみる

「家にずっといるのが苦手」なら、「旅行先でちょっと贅沢を味合う」のがいいのかもしれません。

「一人でご飯を食べるのが寂しい」なら、「気の合う仲間とワイワイ時間を過ごす」のが好きな性格なのかもしれませんね。

こんな感じで、好きなことはズバリ言えなくても、嫌いなことは明確に言えるものです。ということで、まずは嫌いなことを書き出してみます。

自分の「嫌いなこと」はすぐに言えるもの。そこから始めます

私の嫌いなこと5つ

私のここにお金は使いたくないと思うコト・モノは、以下の5つです。

  1. 見栄にお金を使う(時計・服・車)
  2. 流行りに乗る消費(食べ物・娯楽)
  3. 職場の飲み会
  4. 価値を見出せない作業(今の仕事)
  5. ライフスタイル・インフレ

まず、他人軸(他人からどう見られるか・他人が何をしているか)の消費に価値を感じないのでパスです。また、他人の意思で巻き込まれてお金を使うのも嫌ですね。価値観の合わない人と過ごす時間、かけるお金を極力減らしたいです。

これにはお金をかけたくない!というモノを5つ洗い出してみましょう

extravagant_spending_money

私の好きなこと5つ

先ほどあげた「嫌いなこと」から「好きなこと」を連想してみます。自分の場合は他人軸の消費が嫌いだとわかったので、内容をくるっと自分軸に回転させてみました。

  1. 自分にお金を使う(運動・健康)
  2. 自分の快適さUPの消費(部屋のインテリア)
  3. 家族との外食
  4. 価値観が合う人と過ごす
  5. 長期投資(S&P500)

高級ブランドのアイテムを所有しなくても、心地よい空間・時間を価値観の合うメンバで過ごすのが理想なのかなと思います。同じ食事でも、職場の飲み会は嫌いですが、家族と行く焼肉は大好きです。

自分のやりたいコト・モノを文字にしてみると多くの気づきを得ます

extravagant_spending_money

好きなことから贅沢をイメージする

一番贅沢な休日の過ごし方

少し前の話ですが、「午前中にジョギングをしてお風呂に入り、あがったらハーゲンダッツを食べて、そのままお昼寝。午後に家内と焼肉に行く」、という1日を過ごしたのですが、ここ半年で一番満足度の高い休日でした。

金額自体は二人で1万円もしないので、大した額ではないのですが、一番幸せで贅沢な時間だなぁと感じました。

ここ半年以内で、幸せだなと思った消費を思い出すとヒントがあるかもしれません

自分が好きなこと、欲しいモノにお金を使う

シンプルですが、これが一番贅沢なお金の使い方です。そのためには、自分が何にお金を使いたいのかをクリアにしておくことです。

「嫌いなこと」からわかった「好きなこと」と、贅沢だなぁと思えた消費行動を振り返り、ここにお金をかけると満足度が高く、贅沢しているなぁと実感できそうなアイテムをまとめました。

お金をかける対象を見るだけでワクワクしますね。

方針理由対象
心地よい空間つくり好きな空間でゆっくり過ごすことが好き部屋のインテリア
パソコン・スマホのガジェット
健康つくり自分軸で過ごしたいスマートウォッチ、ウェア、シューズ
家族と過ごす時間を増やす価値観の合う人と過ごすのが好きモーニング、焼肉、ラーメン
(家内が好きな外食)
お金を何に使いたいのかを把握すること。これがお金を上手に使えるようになるためのポイントです

まとめ

自分にとって「一番の贅沢」と思えるモノは何かを考えてみました。

  • 自分が好きなこと、贅沢と思えることを考えたことがない場合が多い
  • 「嫌いなこと」から「好きなこと」を見つけると自分の理解が速い
  • 好きなことから満足できる贅沢なお金の使い方を具体化する

毎日忙しい日々を送っていると、「あぁ、お金欲しい」で考えが止まってしまうものです。いざお金が手に入って「ちょっと贅沢な何か」を買ってみても、本当に自分が欲しいモノでないと、後悔しか残りません。

今日ご紹介したアプローチで、自分が本当に欲しいモノ、贅沢したなぁと満足できる消費行動を少しイメージしてみてくださいね。それがわかるとワクワクしてきますよ。

お金・節約のノウハウ集:お金の余裕を手に入れる