あきちゃんぬのプロフィール

profile_akichanne

数あるブログの中から当ブログ『あきちゃんぬのマネークエスト』にアクセスいただき、ありがとうございます。

このページでは、ブログのこと、運営者のあきちゃんぬについて書いていきます。

ブログの概要や運営者のご紹介

ブログの目的

当ブログの目的は、

お金・時間・こころの余裕を手に入れ、シンプルに生きる方法を共有したい。

という考えで書いています。

当ブログは、主に以下のジャンルの記事を書いています。

・お金・節約のノウハウ
・メルカリ・副業のノウハウ
・断捨離
・時間の使い方
・不安や心配を減らす実践方法

伝えたいことは「リアルな情報」

記事を作成する上で、特に意識していることが、リアルな情報であること、再現性があることです。

例えば、ブログやツイッターで「副業」と調べても、「どん底の人生から180°変わりました。今はメルカリで月収100万円です!」と言った情報商材ばかりヒットするようになってしまいました。

アクセスすればわかりますが、いつまでサイトを下にスクロールしても、具体的な方法はでてきません。最後の最後で「ここをクリック」で商材購入サイトが出てきて終わりです。

月収100万円は無理ですが、今誰でも家にある不用品をメルカリに上手に出品する方法をご紹介しています。月1万円は誰でも再現性高く稼ぐことはできると思います。

お金だけでなく、こころや時間の余裕を手に入れるための様々なライフハック情報も、実体験を基に記載しています。ウソではないリアルなノウハウを記載するよう意識しています。

管理人情報

『あきちゃんぬのマネークエスト』を運営しているakichanneについて

・30代男性
・2人暮らし、ペット1匹
・本業は自動車会社のエンジニア

家内とポメラニアンと一緒に、地味ですが平和に生活しています。

ブログを始めたきっかけ

「仕事が全て」という猛烈サラリーマンで、終電まで残業、土日もほぼ仕事をしていました。ただ、無理がたたり30代最後の年に、ここも身体もダウン。1か月部屋の天井を眺めて過ごすことになってしまいました。

このままではダメだと思いながらも、何をすればいいかわからなかったため、気分転換に散歩とブログを開始。実際に様々なノウハウやライフハックにトライし、その結果を記事に書くようになりました。

benefits_walk_harvard_university02

ブログの歩み

▽Bloggerブログ開始

2021年の春、仕事で疲れ果ててしまい、こころが完全に折れ、もぬけのから状態に。偶然知ったBloggerサービスでブログを始めました。少しでも気を紛らわすためにトライしたのが最初です。と言っても本当に日記帳のようなレベルでした。

▽生活を見直す備忘録代わりに

自宅でのプチ引きこもりで、自分の生活スタイルを見直すことにしました。沢山稼いで沢山浪費する。見栄や他人の評価ばかり気にして生きてきたやり方を一度捨てました。

そこから以下の3つをメインに、生活の見直しを始めました。

  • モノが散在していた部屋を改善するために「断捨離」開始
  • 家計簿もつけていなかったお金の管理と流れを改善するために「節約」を開始
  • 不用品を処分するために「メルカリ」を開始

このとき得られたノウハウをブログに記載し始めます。

▽情報整理の面白さに目覚める

実体験を整理し、ブログに記事としてまとめて情報発信する。この一連のプロセスの作成の面白さを知りました。インターネットは知の共有の場。であるなら、自分も誰かの何かに役に立つのではないか?そう思い、成功失敗関係なく、メルカリや節約のノウハウを発信するようになりました。

2022年01月に、無事に100記事を達成しました(ブログ100記事達成。これからも「誰かの役に立つブログ」を目指して)。

▽お金ファーストのブログと距離を置く

ある程度ブログが書けるようになると、他のサイトが気になりだします。少し調べてみると「情報商材系」が実に多いことに気付きます。実際に購入したのかも怪しいレビューにアフェリエイトのリンクばかりが記載されている。実体験が入っておらず再現できないライフハックネタ。

参考になる記事もありますが、自分はよりリアルな情報を発信しようという思いが強くなりました。成功も失敗もブログに書いて発信する。それで誰かの役に立てれば最高ですね。

最後に

簡単ですが、私がブログを始めたきっかけや、このブログを通して発信したい情報や姿勢を書いてみました。

断捨離やメルカリ、節約が記事として多いですが、サイトマップからいろいろな情報を見てもらえると嬉しいです。

なにか1つでも「役に立った・参考になった」「できなかったことが、できるようになった」と思ってもらえるような記事が書けれれば幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。