メルカリの「いいねの数」と「売れる速さ」の関係を図でまとめてみた。4つのケースで対策を

number_likes_sell_fast_graph

メルカリでモヤモヤすることの一つが「いいね」がついても「売れない」ことです。

「いいね」と「売れるタイミング」は関係がないようにみえるのですが、少し分析すると、ちゃんとつながっています。詳しく解説していきます。

「いいね」がついても売れるとは限らない

メルカリに出品した商品は、商品を閲覧した方から「いいね」がつきます。ただ、この「いいね」がくせ者でして・・。

「いいね」がついたからといって、売れるとは限りません。

まったく「いいね」が無くても売れる商品もあれば、「いいね」が30を超えても売れないときも。メルカリ出品者からすると、結構モヤモヤする機能です。

「いいねの数」と「売れる速さ」の関係がわかりにくく、モヤモヤしやすい

「いいねの数」と「売れる速さ」の関係を図で可視化する

2軸のマトリクスでまとめる

「いいねの数」と「売れる速さ」の関係は、単純は比例関係ではありません。

「いいねの数」の多いと少ない「売れる速さ」の速いと遅い。この2軸でマトリクスにすると実は理解しやすくなります。図でまとめると以下のようになります。

number_likes_sell_fast_graph

この図のとおり、「いいねの数」と「売れる速さ」の関係は、4つのゾーンから成り立ちます。

【Aゾーン】有名・人気商品爆売れエリア

number_likes_sell_fast_graph

概要

「いいねの数」が多く、出品後すぐにコメントが入る商品がこのエリアになります。スポットライト浴びまくり、必ず売れる大人気商品です。

該当するアイテム

iPhone本体、一眼レフカメラ、ニンテンドースイッチ、プレイステーションの本体などです。

▶ リンク:メルカリで「一眼レフカメラ」は売れる

▶ リンク:ゲームソフトはメルカリで即売。人気大

特徴

誰もが知っている有名な商品ばかりです。とくにかく注目度が高いので、出品して1分後にはコメントが付くこともザラです。商品にブランド力があり、市場ニーズもある。最強のゾーンと言えます。

【Bゾーン】地味でも売れる・ご指名エリア

number_likes_sell_fast_graph

概要

「いいねの数」は少なくても、すぐに売れる商品が該当します。購入する対象がすでに決まっていて、メルカリに出品されたら「はい、購入」というモノです。

該当するアイテム

カメラの備品(レンズ、メンテナンス品)、ペットのおやつ、カバン、ブランドの皿などです。

▶ リンク:メルカリで「カメラのレンズ備品」が売れた

▶ リンク:メルカリで「リニアコンプレッサー」が売れた

特徴

Aゾーンに比べ、少しマニアックの商品になるので検索する人が少なく、「いいねの数」は少ないです。ただ、どのアイテムも「欲しい人には必ずささるアイテム」が多いので、サクっと購入されます。

また、このエリアの特徴として、値引き交渉がほとんど発生しません。サクっと売れて、サクっとGOOD評価をしてもらえる。メッセージのやりとも少なくドライな玄人な取引が多い印象です。

【Cゾーン】商品はいいが難ありエリア

number_likes_sell_fast_graph

概要

出品者がいちばんモヤモヤするゾーンです。「いいねの数」が多いので、売れるかも!と期待しているのに、なかなか売れずに残ります。

該当するアイテム

家具、季節モノの家電です。

特徴

Aゾーンと同様に「いいねの数」と閲覧数は凄いのですが、なぜか売れない。そして、やっとコメントが来たと思ったら、理不尽な値引き依頼でイラっとくる。「いいね」の機能で一番イライラ、モヤモヤするのがこのゾーンです。

【Dゾーン】見向きもされない、絶望エリア

number_likes_sell_fast_graph

概要

「いいねの数」もなく、閲覧もされず、全く売れない。出品したまま再出品もされずに放置されるのがこのエリアです。

該当するアイテム

ノーブランドの服、マイナーな食器、低価格のカバン、靴などです。

▶ リンク:メルカリでCDは売れない。売却完了も二束三文

▶ リンク:【オススメしません】メルカリで服は全く売れません

特徴

出品しても、まったく反応が来ません。そもそも誰も見にきません。「いいね」もつかないので、出品をあきらめてゴミ箱に入れるか、そのまま放置するか、絶望の選択が迫られます。

どうすれば売れるのか?ゾーン別戦略

「いいねの数」と「売れる速さ」の2軸でまとめると、必ずしも「いいねが多い」=「速く売れる」とは限らないことがわかりました。では、どう売っていけばいいか?

ゾーン毎に異なる戦略で対応する必要があります。

【Aゾーン】有名・人気商品爆売れエリア

number_likes_sell_fast_graph

このゾーンの商品は強いニーズがあるので、出品者のやることは一つです。

値引きしなくてOK。強気でいくべし

商品検索で、同じ商品がいくらで出品されているかを確認し、安く出品しないよう気を付けてください。また、人気エリアで閲覧数も多いので、「お値引きしてください」メッセージが来ますが、値引きしなくてOK。

値下げ交渉を断るフレーズは以下の記事からコピペして使ってください。

▶ リンク:【コピペOK】メルカリ値下げ交渉の断り文書まとめ

【Bゾーン】地味でも売れる・ご指名エリア

number_likes_sell_fast_graph

カメラのレンズなど、「わかる人にはわかる」モノが多いエリアです。地味に売れるので「いいねの数」に惑わされて出品を取り消したり、値下げをしないように注意してください。

値下げ不要。長期戦覚悟で挑むべし

【Cゾーン】商品はいいが難ありエリア

number_likes_sell_fast_graph

このゾーンの商品の目的は、CゾーンからAゾーンにもっていくこと。商品自体の魅力はあるものの、購入には至っていないので、出品ページに何か問題があるケースが多いです。

よくある問題は、以下のとおりです。

  • 商品の紹介文が何も書いていない
  • 商品を紹介する写真が1枚しかない
  • 価格が異常に高い
  • 出品者の評価がゼロ

商品の魅力を活かすために、まずは出品ページを更新してみてください。

出品ページの文書・写真を改善する。値下げはそのあと

【Dゾーン】見向きもされない、絶望エリア

number_likes_sell_fast_graph

商品の魅力には限界があるので、Aゾーンへの移動は不可能。どうにかして、DゾーンからBゾーンにもっていきたいことろです。

このDゾーンは、検索自体がされておらず、見てももらえていないので、

  • 再出品する
  • 商品の紹介文を増やす
  • 値段を他の出品者と同等レベルに落とす

などして、見てもらう可能性を少しでもアップさせましょう。

再出品する。それでもダメなら値下げやむなし

ゾーン別戦略まとめ

まとめると以下のようになります。

ゾーン戦略
Aゾーン:有名・人気商品爆売れエリア値下げ不要。強気でいくべし
Bゾーン:地味でも売れる・ご指名エリア値下げ不要。長期戦覚悟で挑むべし
Cゾーン:商品はいいが難ありエリア出品ページの文書・写真を改善する。値下げはそのあと
Dゾーン:見向きもされない、絶望エリア再出品する。それでもダメなら値下げやむなし
値下げの検討は、CゾーンとDゾーンの商品のみ

さらに、Cゾーンも出品ページの内容を充実されることが先です。値下げはそのあとでOKです。

「いいね」に期待しすぎないこと

出品した商品に「いいね」がつくとテンションがあがります。自分の商品が他人に認めてもらえたような気がして、嬉しいものです。

ただ、図でまとめたとおり、必ずしも「いいねが多い」=「速く売れる」とは限りません

毎日メルカリアプリで「いいねの数」をチェックしても意味がありません。自分でコントロールできない「いいねの数」に期待をしすぎず、自分でコントロールできる出品ページの改善や、再出品に注力した方が効果は大きいです。

「いいね」は市場からの反応の一つ。気にしすぎず、自分がやれることをやりましょう

まとめ

メルカリの「いいねの数」と「売れる速さ」の関係を図でまとめ、4つのゾーンに分けて特徴と対策をご紹介しました。

  • 「いいねの数」と「売れる速さ」の2軸のマトリクスで図示できる
  • 値下げはC、Dゾーンのみ。他は値引き不要
  • 「いいね」には期待しない

「いいねの数」と「売れる速さ」の4つのパターンさえ事前に把握しておけば、不必要に値下げすることもなくなります。

「いいね」の情報を上手に分析して、適切な価格設定でしっかり稼いでいきましょう!