メルカリで「一眼レフカメラ」は売れる。出品のコツは画像加工+写真10枚+丁寧な説明

mercari_knowhow_single_lens_reflex_camera_t

メルカリで一眼レフカメラが売れました。高額商品なので取引が完了するまではドキドキでした。値下げせずに高く売るコツをまとめます。

売却したカメラ

Nikon D5500 18-55 VR Ⅱ レンズキット

ニコンのデジタル一眼レフカメラとレンズのキットです。レンズキットに加え、レンズフード、メンテンナンス用品も付けて出品しました。

ニコンのD5500は一眼レフカメラの中でも小型で軽いので女性でも扱いやすい機種です。タッチパネル液晶で、さらにバリアングル液晶機構もあるので自撮りも簡単で便利でした。Wi-Fi機能を搭載していますので、スマホへの転送も可能。入門機種ですが、最後まで多用した愛機でした。

▶ リンク:Nikon D5500

一眼レフカメラを高く売るコツ

高額商品ですので確実に利益を確保しましょう。手を抜かずに一つ一つやるべきことをやってから出品します。

  1. 充電する
  2. 動作確認を行う、写真を撮る
  3. 付属品を全て写真に撮る
  4. 画像加工し、商品名を文字で記載する
  5. 写真はMAX10枚撮影する
  6. 商品の特徴を詳細に記載する
  7. 梱包の仕方も記載する

① 充電する

基本中の基本。バッテリーの状態をチェックします

電化製品ですので動作確認をしっかり行ってから出品する必要があります。そのためにも、まずはバッテリーを充電しましょう。長い間使っていないアイテムの場合はバッテリーがヘタっているかもしれません。また、購入者が商品を受け取ってから「充電していない商品」を「動かない不具合品」と誤解しないためにも、予め充電しておきます。

② 動作確認を行う、写真を撮る

徹底的に動作確認を行います。またその結果を写真に撮ります

カメラの基本機能の撮影・フラッシュ・ズーム・ピント合わせ・タッチパネルが問題なくできるか、異音がないかをチェックします。動作していることがわかる写真を撮ります。例えば、タッチパネルの表示、バリアングル液晶機構の動かしたところを撮ります。

③ 付属品を全て写真に撮る

メルカリは写真に載ってものが全て。あるもの全てを並べて撮影します

これもメルカリの基本中の基本。本体だけでなく、取り扱い説明書、バッテリー、電源ケーブル、保証書、外箱など、あるものは全て写真に撮ります。今回はカメラ・レンズセットだけでなく、メンテナンス用品もセットで出品するので、こんな感じで並べて撮影しました。

④ 画像加工し、商品名を文字で記載する

トップ画像で魅力を伝えるために、トップ画像に商品名を画像加工で入れます

メルカリで商品検索で表示される画像は「トップ画像」の一枚です。この画像で商品の良さをアピールするためにも写真だけではなく、文字で商品名を記載しましょう。

一眼レフカメラはどの機種も見た目では違いがわかりにくいです。違いがわかりくということは、その値段が高いのか、安いのかがすぐに判断できないことになります。

そこで、画像の右上にNikon D5500であること、レンズキットであることを文字でアピールしてみました。こんな感じです ↓↓↓

mercari_nikon_d5500

ここまで大きく文字を入れれば、商品検索でたくさんの一眼レフカメラが画面に並んでも、一発で機種を伝えることができます。

もし画像加工の仕方をご存じのない方は、以下のリンク先にやり方をまとめておきました。誰でも1分でできる簡単な方法です。ノウハウ使ってください。

▶ リンク:メルカリのトップ画像に文字を載せて商品アピールを!トップ画像が命

⑤ 写真はMAX10枚撮影する

商品説明にアップできる限界の10枚写真と撮ります

10枚と聞くと「え?そんなに撮るものないよ?」と思われるかもしれません。やみくもに似たような写真を撮ればよいということでもありません。

写真でアピールしたいことは以下の項目です。これを頭に入れて写真を撮ります。

  • 商品の概要(トップ画像)
  • 商品の状態(傷の有無)
  • 動作確認結果
  • セットで出品するアイテムの一覧

今回の場合は、まず商品の概要で1枚、「レンズキットセット」と「メンテナンス用品」をまとめて出品するので、全アイテムが映っている画像を1枚撮ります。「レンズキットセット」と「メンテナンス用品」で1枚ずつ撮影します。これで4枚です。

カメラの本体とレンズの状態をアピールしたいので、外側・内側の状態がわかる写真をアップします。これで4枚。

動作確認の結果をアピールする写真をアップします。これが2枚。

4枚+4枚+2枚で合計10枚です。

伝えたいことを先に決めておけば、それに合う写真を用意しやすくなります。カメラ本体の外側だけ撮影して終わりの出品者と、セットで売るもの一覧、本体や付属品の外側・内側、動作確認結果もある出品者。どちらが信用できるかは明確ですよね?

アップできるMAX10枚までしっかり写真を撮りましょう。

⑥ 商品の特徴を詳細に記載する

説明文が数行程度で終わっている出品者が非常に多いです。これはもったいないです。

商品の特徴・型番・セット内容・発送方法を詳細に記載しましょう

何を記載すればよいか迷ったら、以下の項目の説明を書きましょう。

  • メーカー
  • 正式な商品名
  • 購入した時期
  • 商品の状態(傷があるなら正直に記載する)
  • 付属して出品するものの説明(備品、説明書、外箱など)
  • 発送方法

型番で調べればメーカーのサイトか、amazonのページに飛びますので、そこで情報収集しましょう。

⑦ 梱包の仕方も記載する

高額商品ですので梱包も手を抜かずに行いましょう

私は、電化製品は必ず「プチプチ+防水袋+ダンボール」で輸送します。また、説明文にその旨を記載します。これで安心感がアップします。

メルカリの売り上げ

39,600円で売却できました。1アイテムで約4万円の売り上げは本当に大きいです。取引が完了するまではドキドキでしたが、無事に売れてホッとしました。本業以外にお金が手に入るのは素直に嬉しいです!

まとめ

メルカリで「一眼レフカメラ」を39,600円で売却処分しました。

  • メルカリで一眼カメラは売れる
  • 高く売るコツは7つ
  • 39,600円をゲット!

副業で4万円近くの収入を手に入れました。フリマアプリがある時代に生まれてよかったです。とても大切にしていた愛機でしたので、無事に高く売れてホッとしました。次の持ち主さんにもたくさん使ってもらいたいですね。