【これで売れる】メルカリで服を出品する時の画像編集の方法、3ステップ

mercari_knowhow_clothes_increase

メルカリにたくさん出品されているアイテムの一つが「洋服」です。ただ、残念ながら服は売れにくいアイテムなんです。

そこで、少しでも売れる確率をあげるための「画像編集のコツ」をまとめました。ご紹介します。

メルカリで服を売るのは難易度が高い

メルカリに服を出品するとわかりますが、まず売れないんです。ゲームソフトや家電、本はすぐに売れるのに、服はなかなか売れません。

▶ リンク:あなただけじゃない、メルカリで服は売れません

mercari_clothes_increase

ただ、なんでもかんでも売れないという訳ではないです。服の中でも、「売れるアイテム」「売れないアイテム」がきれいに分かれているんですね。

売れるアイテム

・有名ブランド(ナイキ、アディダス、ユニクロ)
・子どもの服
・専用のウェア(バイクジャケットなど)

売れないアイテム

・ノーブランド
・季節外のモノ
・色が鮮やかななもの

「売れるアイテム」は値段が極端に高くなければ、ポツポツと売れていきます。問題は「売れないアイテム」です。今回は、この「売れないアイテム」の売れる可能性をあげるために、画像編集の方法をお伝えしたいと思います。

メルカリ出品は画像が命!画像加工アプリで売り上げアップを目指します

ブランド名とサイズを画像に記載し商品力アップ

やり方は簡単です。3つのステップで終わります。

  1. 商品を写真の中央から右側にずらして撮影する
  2. ブランド名を文字で写真に追加する
  3. 服のサイズを文字で写真に追加する

準備:画像加工アプリの用意

画像加工はスマートフォンのアプリを使用します。

いつも使っているお気に入りのアプリがあれば、そちらをお使いください。もしスマートフォンアプリで画像加工をしたことがない方は、こちらの記事にやり方を記載しましたので、ご覧ください。無料アプリのスナップシード(Snapseed)は、スマホ画面で指で操作するだけで簡単なのでおすすめです。

▶ リンク:メルカリのトップ画像に文字を載せて商品アピールをしよう

ステップ① 商品を写真の中央から右側にずらして撮影する

普通に撮影する場合は、当然写真のど真ん中に商品を配置します。ここから少しだけ右にずらします。

こうすることで、左側に少し余白ができます。この余白に次にステップの工夫を入れていきます。

ステップ② ブランド名を文字で写真に追加する

次に、ステップ①で空いた余白に、服のブランド名を記載します。これで、商品検索されたときに、服とブランドの両方をアピールできます。

ステップ③ 服のサイズを文字で写真に追加する

最後は服のサイズです。S,M,L,LLなどのサイズも文字で写真に記載します。

ブランド名のみで商品検索をした場合でも、サイズも同時にアピールできますので、欲しい方にはささる出品アイテムになります。

これで完成です。何も文字がない状態より、ブランド名とサイズが文字で入っている方が、商品の情報量が多いですよね?

なぜ右側にずらすかというと、左側には商品の値段が表示されるからです。左側に余白をつくることで、ブランド名、サイズ、値段がきれいに並び、見やすくなりますよ。

画像にブランド名とサイズを文字で記載し、商品をアピールしましょう

これはやめて!商品を床に置かないで

服を出品する際に避けた方がいい方法が一つあります。

商品を床に直接に置いて撮影するやり方はNGです。

これ、すごい嫌う方がたくさんいます。「自分の部屋の床は掃除したから大丈夫」ではなく、購入者さんの価値観にあわせて写真を撮りましょう。

最低限、

  • ハンガーにかける
  • 吊るした状態で撮影する

とした方が、清潔感があって服も型崩れせずに綺麗に撮影できますのでオススメです。

まとめ

メルカリで服を出品する時の画像編集の方法を3ステップでご紹介しました。

  • メルカリで服は売れにくいアイテム
  • 商品を右側に少しずらす
  • ブランド名とサイズを文字で画像に入れる

子どもの服や定番ブランドは売れますので、まず出品してみてください。

出品しても「あれ?反応がわるいぞ」となったら、このノウハウを使ってみてください。閲覧数があがることが実感できると思います。さぁ、今日も1つ、メルカリに出品してみましょう。