メルカリの値下げ交渉で絶対にやってはいけない一つの行動

mercari-knowhow-price-reduction-negotiation2_nt

これだけは絶対にやらないでください。値下げする・しない、値下げの金額によらず、「これはNG行為」という内容を共有します。確実に損します。

絶対にダメな行動

結論を先に共有します。

結論
絶対に感情的になってはダメです

メルカリのコメントの99%は「値下げ依頼」です。せっかく頑張って出品したのに、想像以上の金額の値下げ依頼が来て、「はぁ?」と思うことは正直よくあります。

ただ、絶対に感情的になってはいけません。感情むき出しで返信したそのコメント、せっかくの売れるチャンスを無駄にするどころか、もっと大きな損をすることになります。解説します。

むちゃな値下げ依頼のコメントが来ても、感情的になってはダメです

感情的な行動がダメな理由

  1. コメントが付く=売れる商品
  2. 感情的なコメントで信用が落ちる
  3. 報復評価を受ける可能性がある

① コメントが付く=売れる商品

メルカリは1か月で2,000万人が利用しており、フリマアプリでNo.1の利用者数を誇ります。

フリマアプリ「メルカリ」、月間利用者数が 9月単月で2,000万人を突破

株式会社メルカリ

mercari_200_million

2000万人がやりとりする商品の中から、たった一つの自分の商品が目に留まり、欲しいと思ってもらい、そしてコメントをもらっている状況です。

これ、恋愛なら「奇跡の出会い」的なものですよ?

たくさんの商品の中からコメントをもらえたということは、その商品は「魅力のある商品」です。無茶な値下げ依頼の方に無理に売る必要はありません。魅力のある商品は他の方に必ず買ってもらえます。

魅力ある商品は必ず売れます。無茶な依頼者に応じる必要なし

② 感情的なコメントで信用が落ちる

カチンときて、コメントで感情的な文書を書く方をみることがあります。そのコメント、他の「いいね」を押した方にも通知が飛び、見られてしまいます。さらにコメントを消さない限り、ずっと残りますので、「あ、この人ちょっとヤバい人だわ」と離れていきます。

コメントのせいで、他の出品している商品まで売れなくなる可能性があります。

コメントは直接やり取りしていない方にも見られています。熱くなったら負けです。

ネガティブなコメントで、将来の顧客まで逃さないように

③ 報復評価を受ける可能性がある

メルカリで気を付けなければいけない点の一つが、アカウントに付く「評価」です。評価の「良かった」「残念だった」が、そのアカウントの信頼につながります。

mercari-knowhow-price-reduction-negotiation2

一番怖いのは、感情的なやり取りをコメントでしてしまい、恨みを買うことです。

購入者が「カチン」と来て、別アカウントであなたの出品している商品から安い商品を購入し、「残念だった」を押します。その商品など最初から興味はなく、最初から「残念だった」を押すためだけに購入するのです。これが「報復評価」です。

一度「残念だった」をおされると、★★★★★が欠けてしまいす。これ、すごい目立ちます。たった1アイテムのやり取りでアカウントの評価が落ちるのは大ダメージです。

報復評価を受けると最悪。嫌われるようなコメントは絶対NG!!

感情ゼロでできる値下げ対策

メルカリはちょっとしたコツで、値下げ依頼を事前に抑えたり、有利に交渉できたりします。コメントが来ても感情ゼロで対応できる方法があります。共有しますね。

  1. 値下げの断り文書コピペ集
  2. 画像に文字を入れて交渉を有利にする
  3. 値下げする必要があるかないかの判断

① 値下げの断り文書コピペ集

値下げ依頼が来たときのために、上手な「値下げ断り文書」を用意しておきました。

これをコピペして使ってください。仏にでもなった気分でいましょう。感情を捨ててサクッと対応しましょう。「はい来たね、いつもの値下げ依頼ね、いつもの文書コピペしてね、サヨナラね」、これでOKです。

mercari-knowhow-price-reduction-negotiation_akichanne_nt

【コピペOK】メルカリ値下げ交渉の「断り文書」をまとめした。シーン別の例文を共有します

値下げの断り文書は自分で考える必要なし。コピペでOK

② 画像に文字を入れて交渉を有利にする

出品者からすると、「購入金額」から値下げして出品しているので、もう値下げ済みなんですよね。ただ、購入者からすると「メルカリに出ている金額」がスタートなので、そこから値下げしたい・・。その「値下げのスタートの金額」のズレが両者にあるので、金額に大きな開きになるケースが多いです。

そこで、出品画像に文字で「定価」を記載し、値下げ交渉の幅をコントロールすることができます。

mercari-knowhow_add_text_price

メルカリ値下げ対策|画像に「定価」を記載し、値下げ交渉の幅をコントロールしよう

スマートフォンでの画像加工の方法は以下にまとめたので、ぜひ試してみてください。

mercari_knowhow_add_text_image

メルカリのトップ画像に文字を載せて商品アピールを!トップ画像が命|値下げ対策

値下げ交渉は必ず来ます。画像加工で交渉を有利に持っていきましょう

③ 値下げする必要があるかないかの判断

値下げ対策とは少し異なりますが、そもそも出品している商品が「値下げしないと売れない商品」なのか、「値下げしなくていい商品」なのかの判断を正しく行わないと、ムダに損をしてしまいます。

「いいねの数」と「売れる速さ」には4つの関係があります。商品のジャンルと「いいねの数」で、値下げすべきか否か、ある程度の判断ができるので、こちらの記事も参考にしてみてください。

number_likes_sell_fast_graph

メルカリの「いいねの数」と「売れる速さ」の関係を図でまとめてみた。4つのケースで対策を

そもそも値下げしなくていい商品かも。商品のジャンルをチェックしましょう

このブログでは、ご紹介した3つ以外にも沢山のメルカリのテクニックをご紹介しています。使えそうなノウハウがあれば、是非試してみてください。

▶ リンク:メルカリテクニック & 売却したものリスト

まとめ

メルカリの値下げ交渉で絶対にやってはいけない一つの行動をご紹介しました。

  • 絶対に感情的になってはダメ
  • 商品が売れない・信用が落ちる・報復評価を受ける
  • 値下げ交渉を有利にできるノウハウがある

メルカリも個人間の立派なビジネスです。ビジネスで感情的になったら負けです。ご紹介したメルカリのテクニックで、クールに対応しましょう。大丈夫、その商品ちゃんと売れますよ。