メルカリ値下げ対策|画像に「定価」を記載し、値下げ交渉の幅をコントロールしよう

mercari-knowhow_add_text_price

メルカリで避けて通れないのが「値下げ交渉」です。この交渉を少しでも有利に持っていける「ちょっとしたコツ」をご紹介します。

値下げ依頼は挨拶と思え

フリマアプリの「メルカリ」に出品すると、高い確率で購入予定者から「お値下げできますかぁ?」という依頼が来ます。

これだけ安く設定したのに何でだ!?と怒ってはダメです。購入者側に悪気はなく、「少しでも値段が下がったらラッキー」程度にしか思っていません。本気で考えずに、「お、挨拶が来たぞ」くらいに思ってください。

問題はここから。どの値段ならOKにするか、です。

値下げ交渉の幅をコントロールする

値下げ交渉の幅は、たいていは提示していた価格の1割程度に落ち着きます。5000円なら4500円程度です。あとはプラスアルファで4200円まで妥協するか否かですね。

問題は、値段の相場が固まっていない商品です。

ゲームソフトやゲーム機本体は、程度の違いこそあれ、誰が出品してもほぼ同じ値段で売買されています。相場が固まっているので、大きな得や損はありません。

逆に、誰も出品していないマイナーな商品は、比較対象がないので値段の相場が固まっておらず、値段の幅が大きくなります

相場が固まっていない商品は、値下げ交渉の幅を事前にコントロールすることで、極端な値下げ依頼を防ぐことができます。

値下げ対策の具体的な方法

値下げ幅をコントロールするための具体的な方法は、

定価で購入した場合の値段を、出品画像に記載する

です。

定価でいくらで購入したものなのかを記載すると、今メルカリで出品している値段が高いのか、お得なのかをハッキリ示せます。こんな感じです ↓

メルカリで2,000円で出品しました。だけでは購入者側は「2,000円」が気持ちのスタートになるので、そこから500円安くならないかなぁ、と考えはじめます。

しかし、「定価が5,170円でした。今は特別にメルカリで2,000円で売ります」ですと、「5,170円」が気持ちのスタートになるので、「え?新品同様が半額の以上値段?安いじゃん」と、先ほどとは商品の価値の感じ方が変わります。

実際にこの方法で出品してみると、値下げ依頼そのものが明らかに減ります。そのままポチっと購入していただけるので、精神的にも大変助かりますね。

画像に文字を挿入する方法

すでに画像加工アプリを使われている方は、使い慣れてるアプリで編集してみてください。

もし、画像に文字を載せる方法がわからない方は、以下にやり方をまとめておりますので、ぜひトライしてください。慣れると1分できますよ!無料アプリのスナップシード(Snapseed)を使った、簡単なやり方をご紹介しています。

まとめ

少しでも値下げ交渉の幅をこちらでコントロールするために、「定価で購入した場合の値段を出品画像に記載する」という方法をご紹介しました。

  • 値下げ交渉は避けて通れない
  • 値下げ交渉の幅をコントロールする
  • 「定価」を出品画像に記載する

定価が購入者さんの視界に入ることで、定価を意識した値下げ交渉に持ち込めますので、こちらに有利に交渉を進められます。画像加工も簡単ですので、ぜひトライしてみてください。

メルカリ値下げ対策

▶ 関連リンク:メルカリ値下げ交渉の断り文書まとめ。シーン別の例文を共有します
▶ 関連リンク:メルカリのトップ画像に文字を載せて商品アピールを