【メルカリ】横長の商品をダンボールに入れる方法|発送・梱包のコツ

box-processing-method

商品のサイズにピッタリのダンボールがなくても大丈夫です。少し工夫をするだけで、横長の商品もダンボールに入れて発送することができます。ノウハウをご紹介します。

横長の商品は発送しにくい

メルカリの発送は大変です。

自分でダンボールを用意し、商品を梱包し、コンビニなどに持ち込み発送手続きをします。ここで問題になるのが、商品のサイズにちょうどいい形のダンボールがないことです。

box-processing-method
横長の商品はダンボールに入らない

大きすぎるダンボールを使うと送料が高くなり、利益が減ります。できる限り商品にピッタリのサイズを用意する必要があります。そこで、この記事では横長の商品を発送するコツをまとめます。

横長の商品をダンボールで発送するテクニックをご紹介します

横長の商品をダンボールに入れる方法

  1. ダンボールの側面、真ん中にしるしを付ける
  2. 切り込みを入れる
  3. 裏側も同様に切り込みを入れる
  4. 折り曲げる
  5. テープで固定する
  6. 完成

① ダンボールの側面、真ん中にしるしを付ける

まずは、ダンボールの短い面のフタ部分(内フラップ)にしるしを付けます。しるしは、ちょうど真ん中になるところに付けます。

box-processing-method

box-processing-method

② 切り込みを入れる

①でしるしを付けたところをハサミで切っていきます。2か所切りましょう。

box-processing-method

③ 裏側も同様に切り込みを入れる

ダンボールをひっくり返し、裏側のフタの部分も同様に、真ん中にしるしを付けて切り込みを入れます。こちらも2か所切ってください。

④ 折り曲げる

ダンボールの側面を折り曲げます。

box-processing-method

box-processing-method

⑤ テープで固定する

切り込みを入れた部分がパタパタと動きますので、ガムテープでしっかりと固定します。

box-processing-method

box-processing-method

⑥ 完成

完成しました。

box-processing-method

box-processing-method

ダンボールに切り込みを入れることで、ダンボールの形を横長に変形させることができます。これで横長の商品もばっちり入りますね。ムダなスペースもないため、送料を抑えることもできます。

ダンボールに切り込みを入れることで、形を横長に変更させることができます

ダンボール利用時の注意点

ダンボールはリサイクル品でOK

まず、メルカリで使うダンボールは、スーパーに置いてあるモノを再利用してOKです。わざわざ新品のダンボールを買ってくる必要はありません(宅急便コンパクトなどの専用サービスは、専用ボックスが必要)。

box-processing-method
メルカリ用のダンボールストック

ダンボール利用の注意点

ただし、以下に注意してご利用ください。

  • 見た目が綺麗なものを使う
  • 臭いが付いているものはNG
  • ペットボトルが入っていたものは避ける

なるべく状態の良いキレイなダンボールを選びましょう。雨でダンボールがふやふやになっているものはダメです。

また、臭いが強いモノを入れていたダンボールはNG。楽しみに待っていた商品が届き、ダンボールを開けた途端にくさい臭いがしたら、誰も良い印象を持ちませんよね。野菜が入ってたダンボールは避けた方がいいです。

もう一点、ペットボトルを梱包していたダンボールも避けた方がいいです。飲み物など重いものを入れるダンボールは、ダンボールが分厚くできているため、今回のような加工が難しいです。おすすめは、「お菓子が入っているダンボール」です。薄くて加工しやすいです。

梱包の仕方も評価されるポイント。綺麗なダンボールを使いましょう

メルカリのノウハウ

このブログでは、たくさんのメルカリのノウハウをご紹介しています。

ノウハウは、すべて私が実際に経験して得られたものです。ちょっとしたコツ・テクニックですが、売り上げを大きく伸ばすことができます。ぜひ、こちらのノウハウもご利用ください。

▶ リンク:メルカリで商品が売れない!そんな時の「やることリスト」まとめ

▶ リンク:メルカリで服を出品する時の画像編集の方法、3ステップ

▶ リンク:メルカリの「いいねの数」と「売れる速さ」の関係を図でまとめてみた

▶ リンク:メルカリで「いいね」した人のアカウントを特定する方法

mercari_beginner_akichanne

まとめ

メルカリで横長の商品をダンボールに入れる方法をご紹介しました。

  • ちょうどいいサイズで発送しないと送料で損
  • ダンボールの形を横長に変形できる
  • ダンボールは再利用可能だが、注意点あり

ちょっとしたテクニックですが、これで横長の商品も発送することができます。家に使わないモノがあれば、ぜひメルカリに出品してお金に変えましょう。