『選択しないという選択』の大きなメリット。「選択肢が多い=幸福」の時代ではない|選択疲れを避ける

choosing-not-to-choose_akichanne

最近、日常生活のさまざまな「選択」をなくすように工夫しています。この、『選択しないという選択』ですが、非常にメリットのある行動だと気付きました。考察した結果を共有します。

選択しないという選択

このサイトは、「より楽に生きる」を目指して、さまざまなことに挑戦し、その過程や結果を記載しています。

「選択」という行為で、気付いたことを1行でまとめると以下になります。

結論
情報・物があふれる現代社会では、『選択をしないという選択』の方が幸せになる

一般的には、自分が取れる選択肢が多い方が幸福度の向上につながります。では、なぜ逆の行動が幸せに感じるようになったのか、その背景を考えてみます。

気付き。『選択をしないという選択』の方が幸せになる

時代の変化と価値観の多様化

選択肢が多い=入手できる可能性があがる

選択肢が多い方が、自分にあった物を選ぶことができます。

例えば、テレビを買いに行ったとします。A、Bの二つのお店があります。

お店A
・画面サイズは80インチのみ
・色は白だけ
・値段は60万円。値引きなし
・商品はこの一台限り

お店B
・サイズは20インチから120インチまで
・カラーバリエーションも豊富
・値段も3万円から80万円まで
・ブランドも多種多様

欲しい商品が手に入るのはどちらでしょうか?当然、お店Bです。

Aのお店は、選択肢は「買う」「買わない」しかありません。しかし、Bのお店なら、「買う」という中にも沢山の選択肢が生まれ、自分の予算や好みに合う一台を手に入れることができます。

choosing-not-to-choose_akichanne

当たり前ですが、選択肢が多い方が、自分にあったものを手に入れることができ、幸福度の向上に寄与します。

時代の変化で増えた「物」と「機会」

多い方がメリットのある選択肢が、なぜ少ない方がよいと感じるのか、それは「選択する物と機会の多さ」がマイナスに働いているからだと考えます。

表でまとめると、以下となります。

時代選択する対象選択肢選択の影響
過去少ない少ない幸福度のUP、豊かさの象徴
現在多い多い価値観の多様化、選択疲れ

昭和の時代の「三種の神器」のように、全員が同じ商品を求めるなら、あとはカラーテレビ (Color television)・クーラー (Cooler)・自動車 (Car)の中から自分の予算にあった物を選べばいいだけです。

choosing-not-to-choose_akichanne
noswebより転機

令和の時代は、情報・物があふれ、選択対象の「物」と選択する「機会」が多くなりました。

欲しいもの、必要なものを毎回全力で吟味していては時間が足りません。さらに、価値観がバラバラなので、価値基準があいまい。何を選べば正解なのかも不明な状態です。

幸福に寄与するはずの「選択肢」が「選択疲れ」につながっているのです。

こんな経験ありませんか?
商品を購入するときに、楽天レビューを見て、価格.comの評判を見て、と毎回必死に「正しい行動」を探していませんか?

「選択する物と機会の多さ」が「選択疲れ」につながっている

選択疲れを回避する方法

  1. 興味のあるもの・ないものを整理する
  2. 興味のないものを固定する
  3. 興味のあるものに時間を使う

① 興味のあるもの・ないものを整理する

物を購入する際に毎回全力で「何がベストか」を考えていては疲れてしまいます。

そこで、私は、自分にとって興味があるもの・価値を感じるものと、そうでない物を整理し、優先順位を決めるようにしています。

興味のあるもの
・生活を楽にする物・コト(断捨離・節約・投資)
・健康に寄与する物・コト(食べ物・行動)
・PC/スマホのガジェット

興味のないもの
・ブランド品
・見栄のための物・コト
・服、時計
・生活用品、日用品

自分の価値観が明確になるほど、選択するパワーを節約することができます。

② 興味のないものを固定する

「まぁ、これは興味が薄いなぁ」と感じるアイテムは、その物が持つ「機能の本質」を考え、自分にあった1品で固定します。

シャンプー

頭皮と髪の汚れを取れればOKと判断。コスパ最強のイオン・プライベートブランドの商品に固定しました。

saving-money-shampoo-conditioner-top_akichanne_nt

もうシャンプー選びで消耗することをやめた。イオン・プライベートブランドで十分です

リンス

使っていません。髪型をショートヘアーにしたので不要になりました。

髪型

清潔感があればOKと考え、ベリーショートヘアーに固定しました。

abandon-choice-hairstyle_top

もう髪型で悩むのはやめた。メンズは清潔感MAXベリーショートで固定する

歩きやすければOK。ナイキのジョギングシューズで固定です。会社も散歩もスーパーも、外出時はすべてこれ一足です。

office_worker_leathershoes

革靴で出社することをやめた。スニーカー最高!無駄に消費する日々にさよならバイバイ

時計

時間と健康状態がわかればOK。格安中華のスマートウォッチに固定しました。

huaweihonor_band5

コスパ良し,HUAWEIスマートウォッチをレビュー|HONOR Band 5

③ 興味のあるものに時間を使う

私が一番興味があることは、「より楽に生きること」の探求です。

仕事を極力しない、人間関係で悩まない、ストレスをゼロに近づける生活を実現するにはどうすればよいのか?ここに時間をかけたいのです。

「生活を楽にするための、たくさんの選択肢」を時間をかけて吟味するためにも、興味のないものをバッサリ切ることが重要だと考えます。

extravagant_spending_money

興味のないものを整理し、選択をやめる。浮いた時間を興味のある物・行動に投資する

固定できる物・行動を増やす

現時点で固定した物は、シャンプー、リンス、ボディソープ、髪型、服、時計とまだまだ少ないですが、「あ、これ固定できそうじゃない?」という気付きが増えてきました。

固定すると本当に生活が楽です。

シャンプーは買うタイミングだけ、髪も切るタイミングだけ考えればいい。シンプルです。断捨離で物をたくさん減らしてきましたが、これからは行動もシンプルにしていこうと思います。

物・行動を固定化し、シンプルに生きる

まとめ

『選択しないという選択』が、なぜメリットのある行動なのかを考察しました。

  • 「選択する物と機会の多さ」で「選択疲れ」が生じている
  • 興味のないものを整理し、選択をやめる
  • 浮いた時間を興味のある物・行動に投資する
  • 固定できる物・行動を増やす

Amazonで「シャンプー」というワードで検索すると20,000件もヒットします。1日1アイテム試すとして、55年かかります。全部試してみたいと思いますか?

物と情報があふれる現代では『選択をしないという選択』の方が、より生活が豊かになると感じました。日常生活から「悩む」というムダを省いて、より身軽な生活を目指します。