THE定番。「AFURI(あふり)恵比寿店」でさっぱり柚子塩ラーメンを堪能してきた

tokyo_ebisu_ramen_afuri

出張先が東京の恵比寿界隈になったときはここです。一人で立ち寄ります。柚子ラーメン。

「さっぱり味」に癒されたい日はここ

出張先でボロボロになって、新幹線乗るのも面倒になり、全てを忘れて反対側のホームに乗っちゃおうかなって時もあるもんでして。

なぜか渋谷・恵比寿あたりに出張すると燃え尽きるパターンが多い気がするのですが気のせいかな?チームのナレッジとコアコンピタンスを生かしたファクトベースのストラテジーにコミットしてオンスケでローンチしますよ、はい。こんにゃろ。

恵比寿あたりでよく行くお店が、今日ご紹介する「AFURI(阿夫利 あふり)恵比寿店」です。淡麗スープが美味いんだ。ご紹介します。

ザ定番。なんどもリピートしている「AFURI」をご紹介します

AFURI(あふり)恵比寿店とは?

AFURIは、さっぱりとした柚子塩味で有名なラーメン店です。

日清食品のカップラーメンにもなり全国区で売られているほどの有名店。昔は行列も凄かったお店ですが、最近は落ち着いてきたので個人的にはラッキー。

店名の「AFURI」は、神奈川県にある通称・阿夫利山と呼ばれる山の名前が由来だそうです。店内で使われているスープも阿夫利山の麓から湧き出る天然水で仕込まれているとのこと。期待度を上げて、早く食べに行きましょう。

外観・メニュー・店内の雰囲気

恵比寿駅から歩いて3分程度です。すぐ着きます。住宅街で見落としそうですが1階がお店になっています。

tokyo_ebisu_ramen_afuri

白い看板を目印にしてください。

tokyo_ebisu_ramen_afuri

入ってすぐに食券を買います。こういう写真付きの券売機は本当に助かります。

tokyo_ebisu_ramen_afuri

駅で小躍りしているカップルがいましたが、その持て余す体力がうらやましいです。

やっぱりコレ、柚子塩ラーメン

ベーシックな「柚子塩ラーメン」をチョイス。ちーゆ(鶏油)の量は「淡麗」か「まろ味」かの二択。最初はスタンダードな淡麗がおすすめです。

tokyo_ebisu_ramen_afuri

ラーメンの量は少なめなので、トッピング追加すると満足度があがります。

tokyo_ebisu_ramen_afuri

待つこと5分程度できました。

tokyo_ebisu_ramen_afuri

一口目から鼻にすっと柚子の香りが通り、「あー、これこれ」と満足。

黄金色に輝くとお店が謳っている透明なスープも絶品。ラーメンなのにあっさり、さっぱり。女性のお客さんが多いのも納得です。

tokyo_ebisu_ramen_afuri

「着色料・保存料・化学調味料も不使用」とのことなので、安心して食べることができます。ごちそうさまでした。

サラリーマンの出張におすすめ

「AFURI(あふり)恵比寿店」は駅近でアクセスがいいです。

ここに来るときは体力ゲージ・やる気ゲージがゼロに近い場合が多いので、一人で来て、ささっと食べて、電車乗って、ホテルに退避というパターンが多いです。

さっぱりした塩ラーメンが食べたくなったら、候補の一つに入れておいてもらえると嬉しいです。食べたらホテルでグンナイです。

AFURI(あふり)恵比寿店の場所、営業時間

項目詳細
お店AFURI(あふり)恵比寿店
住所東京都渋谷区恵比寿1-1-7 117ビル 1F
電話番号03-5795-0750
営業時間11:00~翌5:00
定休日年中無休
ホームページhttps://afuri.com/