【断捨離】自分にとって大切な物を再認識する。「お気に入り」だけに囲まれる環境を目指して

danshari_disposal_ideal_desk_room

部屋の断捨離を続け、ようやく物が減ってきました。このタイミングで、本当に自分が必要な物を再確認し、改善点を明確にします。

断捨離の先にあること

断捨離を1年続け、ようやく「汚部屋」を脱出できてきました。物が大幅に減ったことで、部屋の床も見えスッキリです。

断捨離は「自分にとって不要な物を捨てていく行為」ですが、同時に、「自分に必要な物を厳選していく行為」ともいえます。少数精鋭の必要な物を残す、その他大勢の物を捨てる。

断捨離を続けた先にあったのは、

自分の本当に必要な物だけに囲まれた、快適な空間

でした。とても居心地が良いです。

【断捨離】部屋の状態を定期チェック。空間の余白は心の余裕、ミニマムな環境を目指す

大切な物は5つだけ

この素敵な空間を見渡してわかったのですが、結局最後まで断捨離せずに残ったのは、たったの5つでした。

  1. 椅子
  2. パソコン
  3. 照明
  4. ベッド

danshari_progress_confirmation_202205

部屋の右半分が仕事ゾーン、左半分が休憩ゾーンとシンプルに分けています。

仕事ゾーン

机、椅子、パソコン、照明という業務に必要な最低限のセットのみ。プラスアルファで、コーヒーカップ、スピーカー、椅子の下に敷くラグ程度。これで何も問題なく仕事ができます。

休憩ゾーン

THEシンプル。ベッドのみ。

毎日広告で「これがないと幸せになれませんよ」という情報の押し付けが大量に流れてきますが、人が生活していく上で必要な物って実はすごい少ないんですね。毎日アマゾンで買い物ばかりしていた自分はもういません。

より良い環境を整えるために

デスク周りを重要視する自分の価値観を改めて認識できました。それでは、次は、より良い環境にするためのヒントを探します。

方針は「ミニマム。ただし、ナッシングにはしない」です。

物は少数精鋭。増やしても最小限に抑える。ただし、物を究極に減らす「ストイック型ミニマリスト」は避けます。部屋にノートパソコンだけあって終わり、みたいな空間は自分の価値観には合いません。モニタは巨大なウルトラワイドモニタですし、椅子も少し高めのオフィスチェアを使います。

ピンタレストで理想と不足している要素を明確にする

インテリアの理想像

インテリアを作る基本は、先に全体像を明確にすること。パーツである家具から買うと、部屋に入れた時にチグハグ・バラバラになります。まずは理想とする全体像を決め、方向性を固める。次にそれに合った家具を探す、全体 → 個別、この順番が鉄板です。

ピンタレスト(Pinterest)で探してみました。こんな雰囲気がいいですね。

茶色と黒と灰色の3色程度に抑えられ、落ち着いたシンプルな空間。物は少なめだが、何もない殺風景でもない。このような空間にしたいですね。

不足している点は2つ

理想の部屋にあって自分の部屋にない物は、以下の2つですね。

  1. 観葉植物がある
  2. 間接照明で明るさの濃淡がある

やはり自然の物があると雰囲気が出ますね。植物なんて一度も興味を持ったことはありませんが、新境地。面白そうです。

まとめ

部屋の断捨離が落ち着いてきたので、このタイミングで「本当に自分が必要な物」を再確認し、改善点を明確にしました。

  • 断捨離の先には「必要な物だけに囲まれた快適空間」がある
  • 大切な物は5つだけ
  • 理想のインテリアと比較し不足要素を明確にした

ここで止まることなく、ここから更に良い環境を目指していきます。不足している要素は「観葉植物」と「間接照明」だとわかりました。自分の感覚にあった物を調べてみることにします。もちろん、少数精鋭で!