中古マンションの売買交渉は誠意をもって対応を。これは避けて!NG行為5つ

secondhandapartment_sales_negotiations

売買交渉は「誠意」をもって対応を

何度も引っ越しを経験すると、不動産屋さんとも仲良くなります。好きで引っ越しを繰り返しているわけではないので、複雑な気持ちですが、そこから得られる情報もたくさんあります。

今回は、不動産屋さんから教えてもらった、購入時の「避けたほうがいい行為」をご紹介します。

金額が金額なので失敗したくない、値切りたい気持ちが前に出すぎて、売り主と買い主間でケンカするケースが時々あるそうです。せっかくのいい物件、こんな行為で逃したら勿体ないですよ。

マンションの売買交渉でダメな行為を共有します。ミスしないようにご注意を

secondhandapartment

避けるべき行為

マンション購入時に避けたほうがいい行為は以下の5つです。どの不動産屋さんも同じことを言っていたので、おおむね正しいランキングかと思います。

  1. 大幅な値切りを要求する
  2. 無茶ぶりをする
  3. 悪口(欠点)を言う
  4. 質問が多い・しつこい
  5. 動きが悪い

① 大幅な値切りを要求する

6,000万円マンションをいきなり5,000万円に下げることは現実的ではありません。

理由なき大幅値下げの要求はNGです。

「一度大きな値下げ額を提示して、そこから徐々に値段を上げていく」

と考える方も多いですが、それでも理由もなく度を越えた値下げは売り主側から「この人には売りません」と言われて終わりになります。中古マンションは「一品物」なので、特に人気エリアの物件は複数の問い合わせが来ている場合が多いです。

まずは、そのマンションの過去の契約が成立した金額を調査し、どこまで値下げが可能かを確認しましょう。

▶ リンク:中古マンションの価格が適切かどうか確かめる方法をご紹介

② 無茶ぶりをする

値段以外にも無茶ぶりをする買い主が結構いるそうです。

まだ売り主がそのマンションに住んでいるのに、いますぐ引っ越しをしたい、今日中にマンションの設備品の一覧表を送れなど、あまりに売り主側に極端に負担になるような行為は避けたほうがいいです。

③ 悪口(欠点)を言う

他のマンションと比較し、そのマンションの欠点を言うのは厳禁です。

自分が住んでいるマンションの悪口を言われて気分が良い人はいません。相手にネガティブな印象を持たれると、交渉がうまくいく可能性は大幅に落ちます。

「〇〇の設備がないから安くしてほしい」「駅から〇分かかるAマンションより値下げしてほしい」など、値段交渉に使う方もいると思いますが、マンションのどこに価値を感じるかは人それぞれです。

駅から少し離れていても、マンションエリアにある公立の小中学校が教育熱心かもしれませんし、共用スペースが他のマンションより狭くても、部屋の設備は最新かもしれません。

あくまで物件の特徴(事実)を確認することに専念しましょう。そこから意見を言うのは身内だけにするべきです。

④ 質問が多い・しつこい

何度も質問する、調べればわかることも再三質問する行為も嫌われます。

マンション購入に真剣だからこそ聞きたい気持ちはわかります。また、納得して物件を購入したいので、内覧会で売り主に直接聞きたいでしょう。気になることは当然聞くべきです。ただ、度を越えた回数質問をする行為はNGです。

ネットで調べればたいていのことがわかります。まずは自分で調べて、どうしても気になるポイントだけ売り主に聞くのが理想です。

▶ リンク:居住者のリアルな情報が見れる!「マンションノート」をチェックしよう

⑤ 動きが悪い

これは不動産屋さんのぼやきです。

メールの返信が遅い方は購入する気がないと判断されますので、優先順位がどんどん落ちます。内覧会の日程調整などはすぐに回答を。狙った物件を購入しなかったとしても、不動産屋さんと仲良くすると似たような中古マンションの情報が出たときに、優先的に教えてくれますよ。

交渉相手も人間です。無茶ぶり・悪口・動きが悪いと印象が悪くなります

まずはネットで情報を得る

マンションを本気で買いたいという熱意は大切です。ただその熱意が売り主への一方的な要求になるのは避けるべきです。

まずやるべきことは、インターネットを駆使し有益なマンション情報を得ることです。以下にノウハウをまとめておいたので、ぜひお使いください。

調べたい内容やり方
マンションの値段が適正か「レインズ・マーケット・インフォメーション」をチェック
マンションの口コミ情報「マンションノート」をチェック
マンションの管理状態内覧するときにチェックすべきポイント
マンションの住環境平日・休日×昼・夜の4回チェック

まとめ

不動産屋さんから教えてもらった「避けたほうがいい行為」をご紹介しました。

  • 売買交渉は「誠意が正義」
  • NG行為5つ(大幅な値切り、無茶ぶり、悪口、しつこい質問、動きが悪い)
  • ネットの情報で有益な情報は手に入る

勢いに身を任すのではなく、まず冷静に調べられることは事前に調べる、その上で特に聞きたい質問を厳選して売り主さんに聞くようにしましょう。誠意をもって交渉し、売り主との関係を良好にした上で、スムーズに売買を進めていきたいですね。

さぁ、素敵な物件に会いに行きましょう!

中古マンションの購入ノウハウを公開しています。
ノウハウはこちら:中古マンション購入ノウハウ集